今日は旭地区閑羅瀬町にある「国土交通省 中部地方整備局矢作ダム管理所」に取材に行き、ダム見学をしてきました!

矢作ダムは、矢作川上流約80㎞地点の愛知県(豊田市閑羅瀬町地先)と岐阜県(恵那市串原地先)の県境に位置します。
水害から地域を守るための洪水調節、農業用水、工業用水、水道用水の供給、発電を目的とした多目的ダムです。

また、矢作ダムは日本で最初の放物線のアーチダムで、ダムを上から見ると放物線を描いた形になっています!※放物線とは投げたボールが落ちるまでに描く曲線のこと。

ダムには約2kmの通路があり、エレベーターで地下60mまで降りて実際に監査廊、歩廊を歩いてまわりました!
地下は気温が常に15℃くらいに保たれていて、夏は涼しく、冬は暖かい状態です。地下の天井には、鍾乳石が成長していてまるで鍾乳洞のようでした
矢作ダムについて、まだまだ知らないことが多かったのですが、職員の方が1つずつ丁寧に説明、案内をしてくださり、分かりやすくて楽しかったです!その場で学び、勉強しながら見学をすることがができました。普段見ること、入ることができない場所に行けるので、とても貴重な体験になると思います(*^▽^*)

14600889_1289762691056026_1366335371103437705_n 14479678_1289762731056022_6678348377752387968_n 14590346_1289762754389353_7491442660969474046_n 14639630_1289762817722680_1871588880052435216_n 14523217_1289762851056010_753497682076802432_n 14606551_1289762961055999_781512862783822155_n 14717276_1289762984389330_576934899601116092_n 14639763_1289763014389327_7188480707003681147_n